未経験分野へ転職するメリット3選【未経験からAIエンジニアに転職した経験者が語る】

こんにちは、新米AIエンジニアのtakeです。
未経験からAIやデータサイエンスを独学し、AIエンジニアに転職した経験を発信しています。

今回は、未経験分野へ転職するメリットを解説します。
私としてはAIエンジニアへの転職を推していますが、他の分野にも当てはまる内容です。

結論から言うと、次の通りです

メリット

  1. 自分がやりたい仕事にチャレンジできる
  2. 圧倒的に成長できる
  3. 市場価値が上がる

デメリット(参考)

  1. 一時的に収入が下がる

順番に説明していきますね。

メリット1:自分がやりたい仕事にチャレンジできる

個人的に「自分がやりたい仕事にチャレンジできる」のが一番大きいメリットと感じます。
世の中やりたくもない仕事を嫌々、仕方なくやっている人がどれほど多いことか。。。

私は新卒時、自動運転の研究開発エンジニアになりたくて、自動車メーカに入ったのですが、
「総合職」として採用され、配属が決まったのは半年後。なおかつ全く希望とは異なる部署でした。
同じ開発でも内容は多種多様で、希望の部署・職種に就けたのは同期の中でも10%未満だったと記憶しています。

大半の社員がこのような希望と異なる配属ですから、
毎日ニコニコ元気に働いている社員が極端に少なかった印象です。
仕事で疲れて帰った後もその分野で勉強しようという気も起きづらかったです。
全員下を向いて、週末だけを楽しみに働いている状態。生産性、働きがいとは無縁の世界でした。

そんな環境で40年以上も働き続けるのって苦痛じゃないですか?
家族との時間より仕事の時間の方が長いのですから、本当に人生を無駄にしていると感じます。
自分のやりたい仕事に就ける環境に変えませんか?

転職活動をすると驚いたのですが、採用時点で仕事内容や職種は約束されています。
また、目の前にいる面接官が将来の上司です。上司ガチャなんて起こりません。
どんな人が上司になるのか入社前に直接会って確認できるんで、ミスマッチが起きづらいのは一目瞭然ですよね。

残りの人生を無駄にしないためにも、未経験分野でも自分がやりたい仕事に挑戦しませんか?

メリット2:圧倒的に成長できる

2番目は「圧倒的に成長できる」ことです。
未経験の分野ですから、日々覚えること・勉強することが非常に多く、本当に大変です。
これがやりたくもない仕事なら本当に苦痛でしかないのですが、
1番目のメリットで触れた通り、「自分がやりたい・挑戦したい仕事」ですから、全然苦ではないんですよ。
大変さ・辛さよりもむしろ充実感が勝ります。

私の場合、前職は10年も続けたのですが、日々同じようなことをひたすらやっており、去年の自分と比較した際に
まるで成長していないことに強烈な不安を感じました。

それに対し、未経験転職は毎日が新しいこと・学びのオンパレードです。
周りに追い付くために毎日脳がフル回転。成長しないわけがありません。
この大変さが永遠に続くと考えるとやりたい仕事でも壊れてしまうと心配するかもしれませんが、
最初の1,2か月程度で慣れます。人間の適応能力を舐めてはいけません。
私の場合は業界も職種も変えたので、最初は外国に来たのか?と錯覚するほど専門用語が理解できずチンプンカンプンでしたが、
2か月もすれば自分もそれらの用語を使いこなしていました。安心してください。

未経験分野に挑戦して圧倒的に成長しませんか?

メリット3:市場価値が上がる

3番目は「市場価値が上がる」ことです。

これは転職後に実感したことですが、それまでの経歴から遠い分野でキャリアを積むと
両方の分野の掛け算で希少な人材になれるんです。
私の場合は自動車業界での経験10年、現職のITでの経験1年です。
まだ新しい分野で1年ほどしか経験を積んでいないので、実力的にはザコ中のザコの身ですが、
こうした経歴をもった人材は少なく、ビズリーチLinkedIn等の転職サイト上で
日々たくさんの企業やエージェントからスカウトメールが舞い込みます。

それだけ複数の業界・職種を分かっている人材は強いということです。
これらのスカウトがあるだけでも将来の不安は軽減されます。

長年同じ企業に勤めていても、市場価値はそれほど上がりません。他にもそんな人ばかりだからです

是非、未経験分野への転職で、現在の業界・職種と掛け合わせて市場価値を高めませんか?

デメリット:年収が一時的に下がる

参考まで、デメリットの話もしておきましょうか。
デメリットとしては、「年収が一時的に下がる」ことです。
企業としては、未経験者にいきなり成果を出してもらうことが難しいことは承知でしょう。
さらには周りに追い付いてもらうための教育も必要ということで大変負担が大きいです。
そんな中あなたを高値で採用するとは考え難いのは納得でしょう。

でも安心してください。
メリットの3で触れたように、将来的には市場価値が高まるので、年収が下がるのは一時的なものです。
長期的に見れば市場価値(=年収)は上がります。

現に、私も未経験分野への転職で年収が100万以上下がりましたが、
実務経験たったの一年で300万UPとなる高額オファーを掴み、そのまま転職することになりました。
詳しくは別記事にしようと思います。

なので、一回目の転職では「貴重な実務経験」と得るための勉強代を払ったと考え、
二回目の転職で大きくジャンプアップすれば良いじゃんと思ってます。
大きくジャンプするには一度しゃがむ必要があるのです。

最後に

以上が、私が考える未経験分野への転職のメリットです。個人的にはデメリットはないと思ってます。
私がずっと推しているAIエンジニア、データサイエンティストに限らず、
世の中の働く方全員が、嫌々仕事をするのではなく、自分のやりたいことにチャレンジできればと思っています。

このブログでは他にも、未経験からAIエンジニア・データサイエンティストへの転職を目指すための情報を発信しているので、
是非参考にしてください。

未経験でもAIエンジニア・データサイエンティストへの転職を推す理由
関連記事

こんにちは。 大企業勤務歴10年、全くの未経験からAIや機械学習、データサイエンスを独学し、AIエンジニアへ転身したtakeです。 今回は、私がなぜ未経験者にAIエンジニアやデータサイエンティストへの転職を推すのか、手短に解説します[…]

未経験からAIエンジニア・データサイエンティストになるために独学した内容の全て
関連記事

(2022.9.30更新) こんにちは、30代、IT未経験からAIエンジニアになったtakeです(詳しいプロフィールはこちらに)。 空前のAIブームの中、AIエンジニアやデータサイエンティストを目指す方が急増しています。私も[…]

それでは、今日はこのへんで。

>今日の学びをきっかけに一歩踏み出そう

今日の学びをきっかけに一歩踏み出そう